重症度が異なる

診察

なかなか気づけない

双極性障害は躁状態とうつ状態を繰り返す病気です。双極性障害は、その程度によって躁、軽躁に分け?型と?型があります。?型は激しい躁状態が一度でもあれば該当します。躁とうつを繰り返すタイプで、躁状態のみに偏った単極性のものも?型です。通常のうつ病に比べると、家庭内で発症する率が高く、遺伝的な影響がより強いと考えられています。寝ないで動き回り、しゃべり続けるなど活動的です。本人は絶好調で、万能感や高揚感に満ちています。アイディアがどんどん湧いてきて、収拾がつかなくなることも多いです。重症になると妄想や幻覚症状があらわれ、社会的な損失などの観点から入院が必要とされています。発症は20代前半に多く、性差はほとんどみられず、発症割合は100人に1人程度です。一方、?型は軽躁とうつ状態があります。うつは?型よりも重く、持続期間が長くて絶望感を感じやすいです。躁状態が見逃されやすく、単極性のうつ病として治療が行われていることもあります。軽躁であっても、より重症なタイプのため、適切な治療が必要です。近年、この?型と診断される人は増えています。持続的に高揚した開放的な気分が、少なくとも4日以上続く場合に該当しますが、単なる情緒不安定に見える時があります。また、?型の場合、時折、仕事などで目覚ましい成果をあげ、成功者になることも多いです。軽躁が性格や個性とみなされて、その不安定さが本人を魅力的にみせることもあります。ただし、やはり病気には変わりありませんので、早期に治療をうけることが重要です。?型の双極性障害は、近年、気分変調性障害とともに、うつ病性障害との関係で注目があつまっています。これは、少なくとも1回以上のうつ病とともに軽躁からなる病相経過を特徴とした、軽度の躁うつ病のことです。うつ状態の時には、過眠や過食、倦怠感や億劫さを感じ、慢性の経過をとる傾向にあります。また、躁状態といっても、あくまで軽度なので、慢性のうつ状態が少しよくなる時期と見逃されることもあるので注意が必要です。あるいは、うつ病だと考えられていたものの、元気な時期もあるということで境界線パーソナリティ障害や不安性障害と診断されることもあります。この病気は、うつ状態の時に受診する人が多いため、最初の診断では、うつ病とされることも多いです。受診以前に、躁状態を経験していても、?型の場合は軽度なので、病気とは関係ないと考えて医師に伝わらないことも少なくありません。精神科の診断は、ある意味、本人の自己申告が頼りな部分もあります。そのため、長い経過を見ないと、正しい診断が下せないということを理解しておくことが大切です。特に双極性障害とわかるまで、平均で8年ほどかかるともいわれます。その間、単に抗うつ剤を投与され続ければ、軽躁をますます起こしやすくするだけです。もし、薬の効果を感じにくく、治りが遅いと感じるようなら、どんな細かいことでもいいので、自分の身に起きたことは、必ず医師に伝えるようにします。軽躁を放置すると、重症化してきます。長引かずに、早期に適切な治療にたどり着くためにも、周囲の人の協力も得ながら、行動をチェックすることが大事です。

Copyright© 2018 躁状態は症状の把握と治療が大事【家族や周囲に迷惑をかける】 All Rights Reserved.