女医

受診は周囲が促す

躁状態のある双極性障害は自分で気づきにくく、その間に重症化することもあるので注意が必要です。周囲からすると、わかりやすい行動も多いので、受診を勧めてあげることが大事です。治療は再発防止を目的として、心理教育やモニタリングが行われます。

詳しく見る

悩んでる人

安心して治療を受けよう

気持ちが必要以上に高ぶりすぎてしまう躁状態は、その人のキャラクターと思われがちですが病気であることもあります。病院での診察や治療を継続することで躁状態の度合いを抑えたり、発生頻度を低くすることも可能です。

詳しく見る

診察

重症度が異なる

躁とうつの両方を併せ持つものを双極性障害といい、?型と?型があります。躁状態が重症かどうかによりタイプがわかれていて、軽躁の?型のほうが気づきにくいため、より深刻です。適切に早期治療を受けるために、自分の行動を医師に伝えることが大事です。

詳しく見る

楽しいだけでなくイライラ

男性

適切な治療を

うつ病の中には、躁状態を持つ混合型うつ病と、躁うつ病という双極性障害があります。躁状態は、病気の症状でありながらも、最高の気分になるので、病気は治ったようにも見えます。意欲が出てきて、エネルギーが湧いてくるので、休まずに動き回ることがほとんどです。特に初めて躁状態になった時には、異常なことだと感じることができません。何度か繰り返すケースでも、よほど自分のことを理解していないと気付かないことも多いです。そのため、自分の言動により、家族や周囲に迷惑をかけていることにも気づいていません。しかし、だんだん自覚ができるようになってきます。自分が、現時点で躁状態にあり、次にうつ状態がくることがわかってくるため、次にくる谷底に恐怖を感じながら過ごしていることも多いです。そして、自覚できるようになると、自分の言動が気がかりになってきます。変なことを言っていないか、調子に乗った発言で誰かを傷つけていないかなど気になり始めます。加えて、テンションが上がりすぎて、失敗する怖さも感じるようになってくる人も多いです。さらに、気分の良さが典型的ですが、幻覚や妄想、焦燥感があったり、イライラしたりすることも多いです。これは、うつ状態の時でも見られる症状になります。しかし、うつ状態でみられる幻覚や妄想と違い、選挙に出て総理大臣になるというような誇大妄想のパターンが多くみられます。興奮しすぎて、意味不明なことを口走りがちです。そして、イライラは、ありあまったパワーが怒りに転じることで躁の時でもみられます。躁状態なのに、本人は不機嫌という状態に陥るわけです。周囲からみれば理不尽なことで怒っているように見えますが、本人は自分ではそれが正しいと考えて行動しています。言い方も命令口調になりがちです。うつ状態と躁状態の両方を併せ持っている双極性障害や混合型のうつ病に、適切に対応できる医師というのは、そう多くありません。まず、医療機関を受診する際には、炭酸リチウムやバルプロ酸ナトリウムなどの気分安定薬の血清濃度を測定する体制が整った病院かどうかの確認が必要です。躁状態がある場合、治療の要になるのは、抗うつ剤ではなく気分安定薬です。これらの多くは、効果があり中毒にはならない適切な血清濃度であることを確認しながら、服用していかなくてはなりません。血清濃度は、採血をすればわかることです。しかし、クリニック等で採血をするためのスタッフを雇用していない場合には、気分安定薬を処方しないあるいは効果の有無はさておき、少量しか処方しないという方針を取らざるを得なくなります。それでは、双極性障害や混合型のうつ病に対する適切な治療を行うことはできません。医師やスタッフに、採血検査を行っているかどうかを確認すればすぐにわかりますので、問い合わせてから受診することが大事です。躁状態のあるうつ病というのは、診断も難しく、その間、ただのうつ病と診断されたり、別の病名がついたりすることもあります。加えて、診断確定のための治療を行っていくこともあります。気分安定薬に限らず、精神疾患に対する投薬は、副作用を考慮に入れることが必須です。そのため、採血検査は必ず行わなければなりません。対応できる医療機関かどうか、また、常駐で採血できるスタッフが勤務しているかどうか、クリニックの場合は特に確認が必要です。

Copyright© 2018 躁状態は症状の把握と治療が大事【家族や周囲に迷惑をかける】 All Rights Reserved.